引っ越して以来、悩みの種だった
ドライヤーのコード問題が解決しました。

ドライヤーがオンボロなのはスルーでw
ドライヤーの置き場所


ドライヤーは、洗面所の鏡裏の棚に収納しているのですが、
コードの収納が落ち着かず、ずっと不満だったのです。


ドライヤー本体にコードを巻き付けて片付ければ良いのでしょうけど、
「巻き付ける」と、「ドライヤーからほどく」という行動が発生するので、
これが面倒で。 ←どれだけ面倒くさがり


今までは不要な長さ部分のコードはクルクル巻いて、
フックに引っ掛けていたのですが、
これが使う度にコロンと落ちる。
その度、小さくイラッと^^;。


で、この度、その問題が解決しました!

解決方法は、これ。

長年の疑問のパーツ


これ、入居した時、棚に付いていたパーツなのですが、
「何に使うんだろう?」と、ずっと不思議に思っていたんです。

掃除する時には、邪魔もの扱いしていたのですが、
ある日、ふと「あれ?これって巻き付けられる?」と
気がつきまして。

クルクルと巻き付けてみたら、

コードを巻き付けて解決


いい感じでコードが固定される!

これで、コードは収納したまま、
「コンセントをさす」→「髪を乾かす」という技が可能に。

ドライヤーのコードを巻き付けたまま使いたい


使い終わったら、
伸びてる部分のコードをクイクイッと、
棚の隙間に突っ込んで、収納完了。

ドライヤーの置き場所


謎のパーツの使い方が合っているのか分かりませんが、
一挙に、長年の不満と謎のパーツの使い途が解決して、
すんごく嬉しい。

長年の不満が解決してスッキリ満足なコード収納でした♪

もしかしたら取説に謎のパーツの使い途書いてるかもしれないですけど、
取説、入居して以来、1回も読んだ事ありません^^; ←読もう



読んだよ〜とクリック頂けると励みになります^^。
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
2013.10.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://beehappymemo.blog.fc2.com/tb.php/331-60bc36a1