上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
宿根草メインの庭づくり。
2回目は、日陰に咲く花をメインにご紹介。

   +++

星型の花が可愛いハナニラ。

甘菜

ほぼ陽の当たらない場所でも、
元気に育ち、花を咲かせてくれる頼もしさ。
一緒に写り込んでいる青紫の花は前回紹介したムスカリです。
ここには植えてないのにいつの間にやら出没してました(@@)。



カランコエ・プミラ。

カランコエ・プミラ

シルバー・リーフが美しい半耐寒性。
多肉植物なので、乾き気味に育てるのがコツ。
我が家はハンギングで育成中。

日向で育てるとありましたが、
午前中の2、3時間しか陽の当たらないところに置いていても
無事に育っています^^。
冬は霜よけに家の中にいれないといけないかな。




紫色の花は、ヒメツル日々草。

ヒメツル日々草


耐寒性ほふく植物。グランドカバー向き。
ここは、冬の間ほとんど陽が当たらないのですが、どんどんツルを伸ばし、
冬〜春(現在)まで、ずっと花を咲かせてくれていた貴重な存在。



あまりにもツルが伸びるので、フェンスに無理やり絡ませ中。
(つる性植物と違って、自らまきつく事はありません。ひっかけて留めています。)

ツル日草を塀にからませる

露光量を変えたので、画像の色が変わってます。すいません^^;。


真ん中に写っている
緑に白縁のカラーリーフはキボウシ。
お庭の名傍役ですよネ。


カラーリーフ繋がりで、
ヒューケラ・チェリーコーラとクローバーティントパープル。

ヒューケラ・チェリーコーラ、クローバーティントパープル


クローバーは可哀想に陽を求めて
ヒョロヒョロと上に伸びておりますが、
この姿が意外と可愛かったり 笑。

ヒューケラは、蕾もついているので、
この環境で問題無さそう。
画像の場所は、最初の一枚以外、日照時間が午前中2、3時間です。



日蔭の庭づくりに欠かせない?ヘンリーヅタ。
フェンスに絡まっている緑の葉っぱ。

ヘンリーヅタ


耐寒性ツル性植物。
秋になると紅葉し、冬にツルを残して落葉。
春になると再び残ったツルから芽吹き、この姿に。

陽が当たらなければ、当たらないほど、陽を求めてツルを伸ばすので、
伸びるのが早くなる気がします。
季節によって、フェンスの表情を変えてくれるので、
お気に入りの植物。


日蔭に強い植物は、スモーキーな色の物が多い気がします。
個人的に、こういう色合い大好きです^^。



こちらは少し明るい雰囲気のディアスシア。

ディアスシア

耐寒性多年草。

先ほどとは、違う場所なのですが、
ここも日照時間が3時間ほど。

とても強い植物で昨年の秋に小さな株を植えて、
みるみる大きくなり、現在は30㎝径の株まで育ちました。

玄関脇を賑やかにしてくれています^^。



最後に、こぼれ種から咲いた忘れな草。

忘れな草

ディアスシアに紛れて咲いていました。
忘れな草は1年草で一昨年に植えたのですが、
以降、こぼれ種で庭のあちこちでピョコピョコ顔を出しています。

予測していないところで咲いてくれるので、
見つけると、とっても嬉しくなります^^。


こういう嬉しい驚きが、ガーデニングの楽しさですよネ♪


読んだよ〜とクリック頂けると励みになります^^。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
2013.04.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://beehappymemo.blog.fc2.com/tb.php/243-63c4d247
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。